紙袋や布袋の特徴を把握して目的に合ったものを作成しよう

袋の種類によって特徴は様々!紙袋の作成で大切なことを事前にチェック

Creating.net

紙で作られる袋と布で作られる袋の違い

紙で作られた袋の特徴

最近の紙袋は、ラミネート加工をした物などもあり、丈夫で見た目も豪華な物も増えてきました。
デザインがおしゃれな物であれば、使い続けるのがもったいなくなるような物もあります。
しかし、それでも紙で作られる袋は、使うたびに少しずつ傷んできて、何十回も繰り返しては使えないということでしょう。
そして、そのうち傷んで使えなくなるというのが、紙袋のよさでもあるでしょう。
痛むからこそ、ミニマリストさんにも差し上げやすい物となるでしょう。

布で作られた袋の特徴

布の袋の特徴は、使い方によっては長期的に使えるということです。
10年以上余裕で使えたりもするでしょう。
布の袋といっても、その作りはさまざまですが、純粋に布だけで作られているものですと、かなり軽い物も多いです。
ですから、バッグのなかに折り畳んで持ち歩けるので、とても便利です。
働いている人であれば、突然持ち歩く書類などが増えた時には、バッグからA4の布のバッグを取り出して、それに入れて持ち歩くことができます。


多くの人に好まれるおすすめの紙袋サイズランキング!

no.1

多くの書類が入るA4サイズ

紙袋に限らず、手提げ袋の場合、A4サイズが最も人気があるでしょう。
世の中にはA4版の書類が多いです。それを折り畳まずにそのまま入れることができるのは魅力的です。
また、A4サイズですと、ちょっとしたお菓子やおべんとうなどの買い物にも便利です。

no.2

たいていの書類と雑誌が余裕で入るB4サイズ

B4サイズであれば、大きな資料なども折り畳まずに入れられます。
展示会などに向いているでしょう。
ちょっとした衣類も入れられるので、自宅に来客が多い人ならば、用意しておきたい大きさの袋でしょう。

no.3

アクセサリーやちょっとしたお菓子に最適なSサイズ

高さ18cm、横22cm、マチ8cmの小さな紙袋です。
これはアクセサリーなど、小さな物を購入した時に入れてもらえる袋で、小さくてとてもかわいいです。
この小さな袋は手作りのお菓子などを少量入れたりするのに、とても便利です。

紙袋や布袋の特徴を把握して目的に合ったものを作成しよう

女の人

用途に合わせて制作することが大事

実際に紙袋を製作する段階になると、何種類かの選択肢ができてしまって迷うこともあるでしょう。
大切なことは、その用途にピッタリな大きさや強度の紙袋を製作することです。
そうすることで、喜んで紙袋を使ってもらえる可能性が高まりますし、長期的に見て、コスト面でも良いパフォーマンスになるでしょう。
しかし、どうしても迷う場合は、紙袋を製作している業者さんに聞いてみると良いでしょう。

好みのデザインで製作ができる

紙袋はどのような選択をするかによって、仕上がりがかなり違ってきます。
同じデザインであっても、使う紙を変えることによって、見た目が大きく変化します。
たとえば、同じデザインで、紙質を光沢のあるコート紙を使うか、晒クラフト紙を使うかによっても、仕上がる紙袋はかなり違ったものとなります。
紙袋はフルオーダーにすると、好みのデザインの物が製作できるので、仕上がりがとても楽しみになるでしょう。

広告募集中